この世は話題に事欠かぬ

ー「本当のこと」って何?ー

日経世論調査8月結果の雑感 その1

 

日本経済新聞社が毎月実施している世論調査が出た。

f:id:tomo1961:20210830122804j:plain

 

今まで見てきた限り、ここの調査結果は他の報道機関と違い、概ね実際を反映していると感じるので、一応信頼している。

vdata.nikkei.com

 

で、今月の結果を見て、いわゆる「データから言えること」を、以下書いてみた。

 

「飲食店へのワクチンの接種証明書の提示」の賛否

賛成:61%

反対:28%

これは個人のプライバシーに関わる事柄だが、賛成が多数という結果で意外だったし、昼間の地上波の論調と随分違うな。

 

感染症患者受入強化の法改正」の賛否

賛成:73%

反対:18%

 

プライバシーや私権の制限、法改正に関わるこの二つの調査結果を鑑みると、若干拡大解釈をすれば、きちんと国民への内容説明をしさえすれば、結局憲法改正に賛成する人が多いのではないかな?とも思える。

 

少なくとも国民の多くは、今の野党がやっているような「なんでも反対」 ではなさそうだ。

 

「ワクチンの接種希望」

については、以下画像のようになっていて、「既に接種した」の70%を除いた30%の内訳は「直ちに接種したい」と「副作用などの状況を見極めて」の計が86.7%ととなり、多くの未摂取の国民が接種を待っていることがわかる。

f:id:tomo1961:20210830112957j:plain

だから渋谷の予約不要接種センターは混乱したんだね。

 

さて、単純な疑問だが、この結果のうち「接種したい・した計」の95%という数字が少し変だ。

 

「既に接種した」の70%に、「直ちに接種したい」の12%と「副作用などの状況を見極めて」の14%を加えると同じに成るはずだが、96%になっていて1%の乖離があるのはなぜだろう?

 

まさか、「接種したい・した計」を各数値の四捨五入前の生データで加算した後に四捨五入してるんじゃないだろうな?

 

だとしたら頭悪すぎだがな。

 

「その2」につづく

tomo1961.hatenadiary.com